当サイトは、自分磨きをしつつ婚活を楽しみたい人向け情報サイトです
主にサークルや習い事、パーティなどのイベントを紹介し、社会人マナーや今流行っているモノ、ファッション、グルメなどについても掲載していきます

2009年10月24日

「社会人の婚活!」コラム

>TOP>コラム

かわいい「ゴルコン」って?

かわいいバツ1男性がモテる時代

かわいい婚活リアル経験者による「婚活」意識調査

かわいいスポーツ観戦で婚活

かわいい忘年会で幹事が大変なことランキング

かわいい結婚相手に求めることランキング



タグ:コラム 婚活
posted by shakaijin-konkatu at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゴルコン」って?

>TOP>コラム>「ゴルコン」って?

ゴルコン」という言葉を聞いたことはありますか?
ゴルコンとは、「ゴルフ合コン」の略称です

かつては、おじさんスポーツの象徴だったゴルフ
石川 遼や宮里 藍、上田桃子など、若手プロの活躍もあって、最近では若い世代に広がりをみせており、特に女性ゴルファーが加速度的に増えているようです
それにともない、ゴルフファッションも変化し、英国紳士のスポーツであったゴルフがカジュアル&ラフ&オシャレ化しています
そして、ゴルフというスポーツを通して、交流を深める「ゴルフ合コン」が流行しているのです

ゴルフの服装というと、「高級そう」「着こなせない」などのイメージがありますが、カーゴパンツなら、ほとんどのゴルフ場で大丈夫なんだそうです
ポロシャツも、スポーツブランドやゴルフブランドばかりでなく、ポロシャツの定番ブランド、ポロ・ラルフローレン、フレッドペリー、ラコステなどを着ると爽やかになります
小物では、石川 遼や宮里 藍の影響で、サンバイザー&サングラスを着用する人が増えていますが、キャスケットやハットでもOKみたいですよ

社会人向けゴルフサークルなら…
かわいい世田谷ゴルフ倶楽部(SGC)

かわいい東京ゴルコン倶楽部(TGC)

ゴルフ場予約なら…
石岡GC、武蔵丘GC、瀬田GCなどトーナメント開催コース・人気コースを格安料金でプレーできる権利をプレゼントしている
ゴルフ場予約ALBA.Net




posted by shakaijin-konkatu at 16:30| Comment(0) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

バツ1男性がモテる時代

>TOP>コラム>バツ1男性がモテる時代

「離婚歴があると、婚活には不利かな…」という男性に朗報です
近頃、「離婚歴のある男性の方は、失敗を経験している分、ちゃんとして結婚生活を送れそう」「包容力がありそう」などと考える女性が増えているようです

先日もテレビ番組で、某大手婚活パーティーの密着取材を放映していたのですが、離婚歴のある男性限定&未婚女性のパーティも登場し、女性に人気なんだそうです
一昔前は、こうした現象はなかったですが、「草食男子」などという単語も生まれる現代では、女性の考え方が大きく変わっているのですね

当サイトでも再婚.JPという、再婚希望の方に特化したサービスを提供する企業の紹介をしています
また、希望者が多く、なかなか予約がとれない婚活パーティもピックアップしているので、見てみてくださいね

かわいいLuxury
自由に気に入った方と会話できるカジュアルなパーティーです
色々な職種の方が集まり、異性だけでなく同姓とも交流できます

かわいいParty☆Party
自分に合ったパーティーを探すことができます
また、ゆっくり話ができる「プチお見合い」も毎週開催しています

かわいいBerryBerry
沢山の方と交流の持てるサービスを提供しています
目的別でのイベント選択が可能です

かわいいコンセット
人数・時間・職業など、お好みの条件で幹事検索可能となっています
登録料、コンパの申し込み、年会費、退会費などは無料です

かわいいシャン・クレール
NHKニュースなどでも紹介された話題のお見合いパーティを開催しています
会員登録制ではないため、参加費以外は一切かかりません
スケジュールから都合の良い日時、希望に合った条件のパーティーを選べます

かわいいPartyStyle(パーティースタイル)
関東、関西を中心に、全国のお見合いパーティー・カップリングパーティー情報を検索できるサイトです

かわいいブライダルネットお勧めカップリングパーティー
本人確認必須の安心パーティーです
約5割〜7割以上の方が1人で参加しているので、参加しやすいです



posted by shakaijin-konkatu at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

婚活リアル経験者による「婚活」意識調査

>TOP>コラム>婚活リアル経験者による「婚活」意識調査

大手婚活サイトユーブライドが、婚活リアル経験者による「婚活」意識調査(男女1240名に実施)を実施した結果、


1「インターネットサイトで知り合った人と実際に会う」女性が8割超え
男性64%に対し、女性は81%が「実際に会った」と回答
また、サイトで出会った人とつきあった経験があるのは「男性43%」に対し「女性56%」

→婚活でも肉食女子、草食男子の傾向が明らかになりました

2婚活期間の二極化が進行中
男女とも1年以内が半数近く:男性47%、女性58%
一方で3年以上も多数:男性33%、女性23%

→1年以内の即効型か、3年以上という婚活の二極化が進行

3「婚活」の1ヶ月あたりの予算は、男性1万円以内(38%)、女性5千円以内(67%) 
※デート費用など実費除く
婚活の悩みとして「費用がかかる」が男性1位(27%)女性2位(18%)と上位にランクイン、
インターネット婚活を始めたきっかけは、15%の男女が「料金が安いから」と回答、
婚活サイト利用前と後の印象の変化では、費用に対する不安が利用後に大きく減少

4「結婚したい芸能人」は「福山雅治」さんと「壇れい」さん
⇒女性が選んだ1位は「福山雅治」さん 2位「佐々木蔵之介」さん、3位「山口智充」さん
男性が選んだ1位は「壇れい」さん 2位「蛯原友里」さん、3位「大塚愛」さん

女性は包容力や家庭的なイメージのある男性を、男性は癒し系の女性を選ぶ傾向に

婚活ブームを受けて、結婚を希望する独身男女が、積極的に結婚相手を探すようになりました
その方法も、お見合い、知人の紹介、結婚相談所の利用、お見合いパーティーや趣味合コンへの参加、婚活サイトの利用など多岐に渡り、男女ともに複数の手段を利用しています
婚活世代は不況の影響による給与や雇用形態に不安を抱える世代でもあり、特に女性の25%が婚活を始めた理由に「将来への不安」をあげています
安定志向による結婚願望が強まった結果、20〜30代のキャリアウーマン志向が薄れ、婚活においても女性の積極的な行動が顕著となっています


また、婚活をしている上での悩みとして男性は「費用がかかる」(27%)「時間がかかる」(22%)を、女性は「ストレス」が溜まる」「費用がかかる」(同18%)をあげ、時間と費用が最大の悩みの種となっています
しかし、「自分のペースで続けられる」「費用が安い」という点からインターネット結婚情報サービスが支持されており、34%以上の男女がこれからも利用したいと考えているという結果が出ました
また、インターネットを通じて知り合った異性と実際に会ったことがある人は男性7割近く、女性8割を超え、さらにそこから交際に結びついた人が約半数いるなど、インターネットを1つの出会いのスタイルとして抵抗感なく受け止められている実態が明らかになりました


婚活期間は?
「3ヵ月以内」「半年以内」「1年以内」を合わせた数が、男性47%、女性58%となり、半数近くの男女が婚活を始めて1年以内でした
その一方、「3年以上」と回答した人が、女性で23%、男性で30%を超えており、婚活の世界においても二極化が進んでいるようです


婚活にかける予算は、1ヵ月でいくらまでですか?
※デート費用など実費除く
男性が「10,000円以内」38%、女性「5,000円以内」67%が最も多く、男性は2万円以内16%、3万円以内7%が続き、女性よりも若干高額に設定されているものの、不況における厳しい懐事情が感じられます


婚活の悩みは?
男性が「費用がかかる」27%、女性は「ストレスが溜まる」と「費用がかかる」(同数18%)で、次いで「時間がかかる」男性22%、女性17%となり、「費用」と「時間」に関する悩みが多く、日々忙しい現代人の様子を反映しているといえます



不況の波は婚活への影響も顕著に与えているのですね
婚活にかけられる予算も限られているし、イベントやパーティに参加するなど行動を起こす前には、事前にしっかり調べて「婚活」に臨むことが、従来にも増して必要なようです


→婚活支援サイト

→婚活イベント



タグ:婚活
posted by shakaijin-konkatu at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

スポーツ観戦で婚活

>TOP>コラム>スポーツ観戦で婚活

ラグビーの社会人リーグ「トップイースト11」に所属する秋田ノーゼンブレッツが、ホームゲームで男女の出会いをプロデュースするそうです
11月1日からの4選で、、観客席に独身者を対象にした「出会いシート」を設置するそうです
男女交互に座り、試合中にも席替えなどで出会いのチャンスを演出してくれます
また、カップルになった人には、次戦の無料招待券も用意されるみたいです


スポーツ観戦が好きな方は、こうした「婚活」もいいですよね
「好きなことが一緒」というのは、やはりお互いに好感を抱きやすいですし
ラグビーだけでなく、野球やサッカー、テニスなど色んなスポーツ観戦で、こうした婚活者向けのサービスが今後登場するかもしれません




posted by shakaijin-konkatu at 11:20| Comment(0) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

忘年会で幹事が大変なことランキング

>TOP>コラム>忘年会で幹事が大変なことランキング


↑忘年会で幹事が大変なことランキングです
忘年会に限らず、飲み会ではお店の予約や人数把握など幹事はやることがたくさんあって大変ですよね
そんな時、以下のサイトを利用してスマートな幹事を目指してみてはいかがでしょうか?
友人や異性から、頼れる存在として一目置かれること間違いなしです


ぴかぴか(新しい)→イベント幹事の方にオススメの便利サイトぴかぴか(新しい)



posted by shakaijin-konkatu at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

結婚相手に求めることランキング

>TOP>コラム>結婚相手に求めることランキング



「高い年収」が13位だったのに対し、1位にランク・インした「安定した仕事」
恋人同士のお付き合いと違い、結婚は一生一緒にいることになる関係を意味するもの
したがって、同じ「経済力」でも額よりは安定性をとる人が多いということなのでしょうか

注目したいのは3位に入った「育児への意欲」
最近は育児に積極的な「イクメン」の株が急上昇中ですが、今回のランキングはまさにそれを証明する結果に
共働き世帯が専業主婦世帯よりも多くなり、「一生働きたい」と考える女性も増える中、育児は女性だけの役割だという考えもだんだん薄れてきていると言えそう
だからこそ、夫婦で育児を楽しめるように結婚相手に「育児への意欲」を求める人は多いのかもしれません
「家事の能力」も6位に入っており、仕事一辺倒でなく家庭でも存在感のある男性にひかれる傾向が強くなっている様子がうかがえます



男性たちが最も強く結婚相手に求めていることが明らかになったのは、「やさしさ」
結婚相手に求める条件というのはもちろん人によってさまざまですが、やはり相手を思いやる「やさしさ」というのは不可欠です

「家事の能力」も男性にとっては重要なポイント
女性の社会進出や夫婦の家事分担が珍しくなくなった昨今、「家事は女性がやるもの」という男性側の一方的な考え方は問題あり
民間のアンケートを見ても家事の分担を希望する男性は増える傾向にあるようですが、家事の苦手な女性と結婚すれば分担をしても男性側の負担は増えるばかり
「どうせなら家事が得意な方が…」と思うのも無理はないかもしれません

3位には「育児への意欲」がランク・インしています
結婚をし、子どもが産まれれば当然のように待ち受けているのは育児の問題
こちらは家事以上に男性の協力が必要な分野です
若い世代に限ればこの分野でも分担を希望する男性は増えているそうですが、肝心の女性側が自分のやりたいことに熱心で「育児への意欲」が欠けていては、さすがにつらいものがあるようです

このほか「自分の趣味への理解」や「干渉しすぎない」などが10位以内にランク・インしており、女性のランキングと見比べると「独身時代と変わらず自分の時間は守りたい」と考える男性の気持ちが見て取れます

ぴかぴか(新しい)婚活支援サイトを利用して、理想の相手をぴかぴか(新しい)




タグ:結婚
posted by shakaijin-konkatu at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。